Cosnomi
Cosnomi

医療×IT / 医学生 / Web(React, Flask) / 機械学習(画像認識, Keras)

Twitter / GitHub / Keybase

SSDの真の良さに気づいた~起動が速いだけじゃない~

起動が速くなるだけならいらないです

少し前ならSSDと聞いてもピンとこない方が多かったと思うのですが、今はずいぶんと普及しましたよね。ご存知の通り、SSD は HDD よりも高速な読み書きができる補助記憶装置(ストレージ)です。その魅力は、SSD に懐疑的な人間をも熱狂的な信者にしてしまうほど。一度使うと(快適すぎて)元に戻れないほど。

私も最初は SSD ってそんなに良いものなのかなと懐疑的でやたら勧めてくる人のことを SSD 信者か…などと思っていましたが、周りの人に勧められ、1 年ほど前にメインの自作デスクトップ PC のストレージをHDD から SSD に変更したところ、今は見事にSSD 信者になってこんな記事を書いてしまっているというわけです

「SSD は起動が爆速」というのはよく使われる売り文句ですが、それはSSDの魅力のごくごく一部です。SSDの真の魅力はPC性能の底上げです。実のところ、ある程度のスペック(CPUやメモリ)を積んだPCにおいて、体感的なPC性能の律速(ボトルネック)はストレージであることが多く、このストレージ性能を上げることで、数値上のスペック以上に体感的なスペック、すなわち作業中に感じる本当の快適さが上がるのです。

SSDの真の魅力

クリック後の反応が速くなった

何かアプリを起動する、例えばエクセルだったりワードだったりブラウザだったりを開くときの反応の速さが全然違います。HDD のときは、開くと少しマウスカーソルがクルクルして 3 秒くらいで起動画面などが表示されていたのですが、SSD は一瞬です。

たかが 3 秒なぜ待てないのかと思う方もいると思いますが、応答が速いというのは思っている以上に快適なことです。「○○ しよう」と思ったときに限ってやたら遅い、「起動できてるかな、できてないのかな」と何回かクリックしていくつもウィンドウを開いてしまうなんてことはもうありません。

さらに、ブラウジングも速くなった気がします。近頃の Web ページは単純な HTML のものは殆どなく様々な技術が使われていますよね。そのようなページを表示するときに必要なファイルの読み込みが SSD だと高速にできるためではないかと思います。

とにかく、何かをクリックした後の反応が SSD は段違いに速いので、起動のみならず様々な場面でその恩恵にあずかるはずです。

I/O でフリーズすることがなくなった

私の今使っているデスクトップ PC は Core i7 でメモリも 16GB とハイスペックと言っても問題はないかと思います。しかし、HDD のときはときどきフリーズしてしまうことがありました。かろうじてタスクマネージャーを開いてみると、大抵は「ディスク」が 100%に張り付いていました。そうです、HDD がボトルネックだったのです。

しかし、SSD に変えるとぜんぜん違う!I/O に起因するフリーズはありません。読み込み/書き込みが共に速いので詰まることがないのでしょう。平常時はタスクマネージャーで確認したところ 1%~2%ほどです。

物理的な衝撃に強くなる

HDD はディスクを回転させてデータを読み書きします。ある程度の読み書き速度を確保するために、磁気ヘッドという読み取るための部品とディスクの間には僅かな隙間しかなく、そこに衝撃が加われば HDD は壊れてしまします

しかし、SSD は HDD と構造が異なり、回転する部分がありません。原理的には USB メモリとかに近い感じで、物理的に動いている部分はないのである程度の衝撃ならデータ消失の心配はありません

ですから、あまりよいことではありませんが、起動中の PC に椅子をぶつけてしまったりしてもSSDなら大した問題ではないというわけです。

質量が軽い

軽いのは操作性でなく物理的な質量にも当てはまります。HDD にはディスクがあるために物理的な意味でも重くなってしまいますが、SSD は非常に軽いです。最初に SSD を持ったときは空箱なのではと思ってしまうくらいでした。デスクトップ PC の場合特に移動はしないので問題にはならないと思いますが、ノート PC には結構重要な問題です。

フラグメンテーションの影響を受けにくい

HDD も SSD もデータを書き込むだけでなく削除することができますから、書き込みと削除を繰り返していると、そのうち連続した領域を確保できなくなります。そのようなときは、データをあちこちに分けて書き込むことになります。このようにデータが飛び飛びに保存されてしまうことをフラグメンテーションといいます。

しかしこれでは、読み込む際はあらゆる領域を読み込まないといけないので時間がかかってしまいます。これは、HDD において顕著です。というのも、HDD はシーケンシャルアクセスを得意とする一方、ランダムアクセスが苦手だからです。しかし、SSD はランダムアクセスも高速に行えるのでそこまで大きなパフォーマンスの低下は起こらないと言われています。

なぜ起動の速さが強調されるのか

このように SSD には「起動の速さ」よりももっと注目されるべきメリットが沢山あります。しかし、なぜ SSD と HDD の比較をする時、「起動時間」に焦点を当てる動画や記事が多いのでしょうか。

その一番の要因は、「比較結果が分かりやすい」ことだと思います。起動時間なら「SSD は 10s, HDD は 50s なので SSD は HDD に比べて 5 倍速い」(一例です)のようにはっきりと言えますが、応答の速さなどだと魅力が伝わりにくくなってしまいます。

例えば、「HDD だと 3 秒待たないといけないところが、SSD だと 0.2 秒に!」なんて言っても「いや、2.8 秒待てばいいじゃん」と思ってしまう人が多いと思います。しかし、その 2.8 秒の差はありとあらゆるときに発生します。Word を開く時、エクスプローラを開く時、VSCode を開く時‥‥。たしかに短い時間ですが、塵も積もれば山となるという感じです。自分の作業を外的な要因で止めなければならないというのは思った以上にストレスのかかることなのかもしれません。

まとめ

  • SSD の魅力は「起動の速さ」以外にも「操作に対する応答の速さ」「I/O 起因のフリーズがなくなる」「耐衝撃性」「物理的に軽い」などがある
  • これらの魅力は伝わりにくいが、実際に自分で操作してみるとよく分かる