Cosnomi

プログラミングをする医学生。物を作ること、自動化すること、今まで知らなかったことを知ることが好き。TypeScript書いたり、Pythonで機械学習したりなど。

Twitter / GitHub / Keybase
TOP >

RLoginでrootなのにSet Remote Cwd Errorでディレクトリにアクセスできない

自分のユーザー認証情報(非root)を用いてRLogin経由で自宅サーバーへSSHアクセス。その後、ターミナルで sudo su - によってrootになりました。

続いて、rootになったまま下の画像のbackupsのようにattrがdrwx------(700)のディレクトリをRLoginのSFTP画面で開こうとしたのですが、Set Remote Cwd Errorエラーが表示されて開けませんでした。

原因

SFTPにおいては認証情報として、接続するときに使う認証情報が使用されます。sudo su -でrootをとったので、つい、最初からrootでログインしているような錯覚に陥ってしまいましたが、RLoginはrootの認証情報を持っているわけがないので、rootとしてSFTPに接続できるはずがないのです。

解決

セキュリティ上、rootログインを許可するのは良くないので、ファイルのパーミッションを変更することを考えます。

今回はbackupsディレクトリ中のファイルをダウンロードできれば問題ないので、backupsディレクトリに最小の権限である x を付与します。具体的には、chmod 711 backupsです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。コメントフォームは設置していません。訂正・意見・感想などはTwitter(@cosnomi)などへお願いします。
記事一覧へ