SSDアンチがSSDの真の良さに気づいた~起動が速いだけじゃない~

シェアする

SSDってご存知ですか?少し前なら分からない方もいたかもしれませんが、流石にもう浸透しましたよね。SSDはHDDよりも高速な補助記憶装置です。その魅力は、SSDに懐疑的な人間をも熱狂的な信者にしてしまうほど。一度使うと(快適すぎて)元に戻れない!

私も最初はSSDってそんなに良いものなのかなと懐疑的でやたら勧めてくる人のことをSSD信者か…などと思っていましたが、周りの人に勧められ、1年ほど前にメインの自作デスクトップPCのストレージをHDDからSSDに変更しましたところ、今は見事にSSD信者になってこんな記事を書いてしまっているというわけです

「SSDは起動が爆速」というのはよく使われる売り文句ですが、実際のところ起動が速くなるだけで高額なSSDに換装する気は起きませんよね。実際、私はスリープモードを利用することが多かったので、起動の速度にあまりこだわっていませんでした。

私がSSDに換装したのは、起動速度以外にもSSDにメリットがあるからに他なりません。今回は、そのうちのいくつかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クリック後の反応が速くなった

何かアプリを起動する、例えばエクセルだったりワードだったりブラウザだったりを開くときの反応の速さが全然違います。HDDのときは、開くと少しマウスカーソルがクルクルして3秒くらいで起動画面などが表示されていたのですが、SSDは一瞬です。

たかが3秒なぜ待てないのかと思う方もいると思いますが、応答が速いというのは思っている以上に快適なことです。「○○しよう」と思ったときに限ってやたら遅い、「起動できてるかな、できてないのかな」と何回かクリックしていくつもウィンドウを開いてしまうなんてことはもうありません。

さらに、ブラウジングも速くなった気がします。近頃のWebページは単純なHTMLのものは殆どなく様々な技術が使われていますよね。そのようなページを表示するときに必要なファイルの読み込みがSSDだと高速にできるためではないかと思います。

とにかく、何かをクリックした後の反応がSSDは段違いに速いので、起動のみならず様々な場面でその恩恵にあずかるはずです。

I/Oでフリーズすることがなくなった

私の今使っているデスクトップPCはCore i7でメモリも16GBとハイスペックと言っても問題はないかと思います。しかし、HDDのときはときどきフリーズしてしまうことがありました。かろうじてタスクマネージャーを開いてみると、大抵は「ディスク」が100%に張り付いていました。そうです、HDDがボトルネックだったのです。

私がそのPCを組んだときはSSDなんてマイナーで高級品だったので、普通にHDDを積んでいました。確かに、ストレージは速いほうが良いだろうけど、HDDの回転数くらいしか気にしていませんでした。そして、この速さが普通だと思っていました。

しかし、SSDに変えるとぜんぜん違う!I/Oに起因するフリーズはありません。読み込み/書き込みが共に速いので詰まることがないんでしょうね。平常時はタスクマネージャーで確認したところ1%~2%ほどです。

物理的な衝撃に強くなる

流石にここまでしたら壊れますが

HDDはディスクを回転させてデータを読み書きします。ある程度の読み書き速度を確保するために、磁気ヘッドという読み取るための部品とディスクの間には僅かな隙間しかなく、そこに衝撃が加わればHDDは壊れてしまします

しかし、SSDはHDDと構造が異なり、回転する部分がありません。原理的にはUSBメモリとかに近い感じで、物理的に動いている部分はないのである程度の衝撃なら問題ないのです

ですから、あまりよいことではありませんが、起動中のPCに椅子をぶつけてしまったりしても、HDDならデータが大丈夫か心配してしまいますが、SSDのときは大して影響はないと考えられるわけです。

質量が軽い

HDDにはディスクがあるために物理的な意味でも重くなってしまいます。一方、SSDは非常に軽いです。最初にSSDを持ったときは、え?これ中身入ってるの?ってなるくらい軽かったです。USBメモリと似たようなものと考えてみれば納得ですが。

デスクトップPCの場合特に移動はしないので問題にはならないと思いますが、ノートPCには結構重要な問題です。

フラグメンテーションの影響を受けにくい

コメントを受けて追記(2018/09/23)

HDDもSSDもデータを書き込むだけでなく削除することができますから、書き込みと削除を繰り返していると、そのうち連続した領域を確保できなくなります。そのようなときは、データをあちこちに分けて書き込むことになります。このようにデータが飛び飛びに保存されてしまうことをフラグメンテーションといいます。

しかしこれでは、読み込む際はあらゆる領域を読み込まないといけないので時間がかかってしまいます。これは、HDDにおいて顕著です。というのも、HDDはシーケンシャルアクセスを得意とする一方、ランダムアクセスが苦手だからです。しかし、SSDはランダムアクセスも高速に行えるのでそこまで大きなパフォーマンスの低下は起こらないと言われています。

特にノートPCには必須

以上のメリットからSSDはノートPCにはほぼ必須だと言えます。ここで言うノートPCというのは持ち運んで外で作業することも考慮する、モバイルPCみたいな意味です。

外で作業をする、そして持ち運ぶということは場合によっては衝撃が加わってしまうことが有るでしょうし、そもそも起動中に動かしたいことも有るでしょう。そのようなとき、HDDを積んでいるノートパソコンの場合は、できるだけ衝撃が加わらないように動かさなければなりません。

また、前述の通りHDDはSSDに比べて質量が大きいので、持ち運ぶことが多いノートPCではSSDでないと不便です。実際に、市販のノートPCを見てみると、軽いものはほとんどがSSDやeMMC(速度の遅いSSDみたいな感じ)が積まれています。HDD+SSDのような構成のノートPCもありますが、どうしても質量が大きくなり持ち運びには不向きになってしまいます。

さらに、外出先でPC作業をするときというのは、ササッと始められる方が良いですよね。もちろん、自宅のデスクトップPCもそうに越したことはないのですが、外でPC作業をするときというのは、例えば少し空いた時間で作業をしたいというときだったり、他の人の前で作業をしなければならないときが多いと思います。そのようなときに、少しでも反応が遅かったりするとイライラしてしまいます

以上のような理由から、ノートPCには特にSSDが必須だと思います。(実際、ある程度のモデルにはほぼ必ずと言っていいほど搭載されています)

なぜみんな起動の速さを強調?

このようにSSDには「起動の速さ」よりももっと注目されるべきメリットが沢山あります。しかし、なぜSSDとHDDの比較をする時、「起動時間」に焦点を当てる動画や記事が多いのでしょうか。

その一番の要因は、「比較結果が分かりやすい」ことだと思います。起動時間なら「SSDは10s, HDDは50sなのでSSDはHDDに比べて5倍速い」(一例です)のようにはっきりと言えますが、応答の速さなどだとどうしても曖昧になってしまい、魅力が伝わりにくくなってしまいます。

例えば、「HDDだと3秒待たないといけないところが、SSDだと0.2秒に!」なんて言っても「いや、2.8秒待てばいいじゃん」と思ってしまう人が多いと思います。しかし、その2.8秒の差はありとあらゆるときに発生します。Wordを開く時、エクスプローラを開く時、VSCodeを開く時‥‥。たしかに短い時間ですが、塵も積もれば山となるという感じです。

その魅力をわかってもらうためには、やはり自分自身で操作をして見るより他にないような気もしますが‥‥。

まとめ

  • SSDの魅力は「起動の速さ」以外にも「操作に対する応答の速さ」「I/O起因のフリーズがなくなる」「耐衝撃性」「物理的に軽い」などがある
  • 特にノートPCには必須
  • デスクトップでもコストに見合う魅力は有ると思う。
  • これらの魅力は伝わりにくいが、実際に自分で操作してみるとよく分かる。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 東條勇雄 より:

    同感です。でもまだ書き残している利点があります。
    熱がでないこと、デフラグメンテイション状態でも遅くならないこと
    次回更新するときに追加してください。