簡単送金アプリ kyashを試してみた。割り勘・投げ銭にとても便利!

シェアする

タイトルのとおり、簡単に支払・個人間送金ができる Kyashというアプリをインストールしてみました。このKyashというのはざっくり説明すると、

  • LINE Payなどと似ていて、割り勘などのときに個人間で簡単に送金
  • 手数料は無料(利益はクレジットカード会社と同じように店からの手数料)
  • クレジットカードとして使える(今まではネットのみだったが店頭での通常の支払いにも対応した)
  • 登録が簡単(必要なのはメールアドレスと本名(非公開)と電話番号とスマホくらい?)
  • 本名は非公開。ニックネームを設定可。
  • 支払いリンクから投げ銭みたいに使える(「友達」とかいう面倒な機能はない)

今のところ、主に新しい技術が好きな人々の中で盛り上がっているが、これはもっと広い層に普及していくだろう、普及していって欲しいと思っています。

いくつかのポイントについてもう少し詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

運営元は信頼できるか

お金を扱うサービスについては、その運営元の信頼性も大事な評価基準です。いわゆるベンチャーとなると不安に感じる人も多いかもしれませんが、Kyashはどうなのでしょうか。

こちらのニュースを見てみてください

https://jp.techcrunch.com/2016/12/14/kyash-raising-over-1-billion-yen-in-seriesa/

送金・決済システムを開発するスタートアップKyashは2016年12月14日、スマホで少額を個人間で送金できソーシャル拡散を狙うサービスKyashのベータ版サービスを開始する。同時に第三者割当増資による10億円超の資金調達を発表した。出資元の三井住友FG、電通グループ、伊藤忠商事とは業務提携も進めていく。調達金額10億円超はシリーズAとして最大級といえる。

(引用: https://jp.techcrunch.com/2016/12/14/kyash-raising-over-1-billion-yen-in-seriesa/ )

このニュースによると、サービス発表の時点で10億円の調達に成功しています。出資元も大手企業が立ち並び、また、

Kyashは2015年1月設立、2015年7月にシードラウンドで1億7000万円の資金を調達している。創業いらい2年近く決済システムの開発を進めてきたとのことだ。創業者で代表取締役社長の鷹取真一氏は三井住友銀行出身。また今回の発表と同時に、投資会社グリーンヒル・ジャパン代表取締役社長の箕浦 裕氏(元・三井住友銀行副頭取)が顧問に加わっている。

(引用: https://jp.techcrunch.com/2016/12/14/kyash-raising-over-1-billion-yen-in-seriesa/ )

経験のある人が、しっかりと準備をして進めてきたことが伺えます。ちなみに、Kyashのリリースは記事にあるように2016年の12月ですが、なぜ今になって再び盛り上がりを見せているのかについては後ほど、ご紹介します。

Kyashが利益を上げる仕組み

Kyashでは、入金やユーザー間の送金に手数料はかかりません。もちろん、支払い時にもユーザーは手数料を払う必要はありません。では、Kyashはどのようにして利益をあげているのでしょうか。

答えは簡単で、クレジットカード会社と同じように、店からの手数料が主です。そんなにうまくいくのかと思われるかもしれないが、よく考えるとそうおかしい話でもなくて、クレジットカード会社は登録だけで○○○○円!とかポイントや保険など、様々な特典をつけて契約してもらおうと必死ですが、これはつまり、クレジットカード会社としてはそれだけのコストを掛けても大丈夫なくらい、手数料から利益を上げているといえるからです。

そう考えると、Kyashがクレジットカードの店側からの手数料で利益を上げていこうというのは決して無理な話ではないように感じられます。勿論、一般に普及しなければこのモデルは成り立たないのですが…(特に個人間送金はSNSと似ていて周りが利用していなければ不便です)

しかし、個人的に使ってみた感想としては、登録の手軽さ、そして運営元の信頼性などを鑑みると、一般に普及するだろうなぁと思いました。

どのようにチャージするか

チャージは「クレジットカード」「銀行振込(ペイジー)」「コンビニ支払い」が利用できます。クレジットカードの場合、足りなくなると自動でその分をチャージしてくれるらしい。

私はゆうちょダイレクトから銀行振込(ペイジー)を利用してチャージしてみました。手順は簡単で、ゆうちょダイレクトの振込ボタンを押したらすぐに、スマホにチャージが完了した旨の通知が表示されました。

このように履歴がしっかり残る。現金払いよりも収支の管理がやりやすそうですね。

どのように使えるか

受け取ったお金はどのようにして利用できるのでしょうか。実は、Kyashのポイントは現金として引き出すことはできません。これは、日本の法律を遵守するためには仕方のないことで、現金として引き出すことを可能にするためには、煩雑な本人確認手続きを行わなければらならないからだそうです。

しかしながら、実は多くの人にとってこれは大きなデメリットにはなりません。というのも、現金として引き出せない代わりにクレジットカードとして利用可能、つまり、Kyashに3000円分のポイントがあれば、Amazonで3000円の買い物ができるし、3000円分のアプリを購入することも可能なのです。さらに、2%の還元も付きます。これは普通のクレジットカードでもなかなか見られない高還元率です。

更に凄いのは、ネット上のみならずリアルでもクレジットカードとしての利用が可能な点です。これは、「リアルカード」といって申請するとKyashアカウントに紐付いた実際のカードが送られてきます。飲食店や家電量販店など普段の買い物でも利用可能なので、流動性が大きく損なわれることはなく、ほぼ現金として使えるというわけです。

(なお、このリアルカードの発行は今年6月に始まったので、それ以前に書かれたKyashの紹介記事などでは、ネット上でのみしか使えないと書かれているかもしれませんが、今となっては誤りです。これがKyashが今、再び盛り上がりを見せている理由でもあります。)

勿論、Kyashのポイントを別な人に送金することも可能です。送金については後ほど詳しく説明します。

Google Pay

最近、Google Payの広告をいたるところで見かけます。いたるところでと言うか、よく利用するJRの駅で凄い面積の広告が張ってあるから印象に残っているだけかもしれないですが。Apple Payなどに先を越されたのに、資金のある企業はこうしてゴリ押しで挽回できるんだなぁと感心。

閑話休題。

どうやら今年の夏から、KyashはGoogle Payでも利用できるようになるらしいです。つまり、リアルカードの発行をしなくても、スマホでKyash決済を利用できるようになるということなのでしょうか。

自分はAndroidユーザーなのに、恥ずかしながらGoogle Payについてはあまり知らないのですが、Google PayのトップページにしっかりとKyashのロゴが載っている。

これもKyashが信頼できる理由の一つになるかもしれませんね。

個人間送金の方法

さて、これまでは受け取ったポイントを実際に使うことに重きを置いて話してきました。Kyashのポイントは流動性が高く、ほぼ現金と同じように利用できるのに加え、2%という高還元率を誇っています。

では、次にKyashの強みである個人送金の容易さについて話したいと思います。

まずは具体的な送金手順について説明します。

トップ画面から送金ボタンを押すと、

このような画面になるので、「相手を選ぶ」をタップし、

ここから相手を選べます。

送金リンクというのは相手に受け取ってもらうためのリンクで、相手がこのリンクを踏めば送金されます

次に、「ID・名前検索」はその名の通り、IDや名前で送金先を指定するものである。試しに、cosnomiと打ってみると私のアカウントが表示されるので、ぜひ試しに送金をしてみてください。(冗談です)

今回は、お礼を込めてKyash Inc.に39円を送金してみることにします。

送金先を指定するとこのような画面になるので、「確認画面へ」をタップすると、

内容を確認して、下から上にスライドすれば、

送金完了。

本当に「すぐに」送金できる!

後からこのように履歴を確認できるのは、こういったアプリならではの大きなメリットだ。受け取る側からは、割り勘や集金のときに誰からもらったのかが記録に残るのでトラブルを回避できるし、支払う側としても自分がいくら使ったのか分かるので、浪費を防げるというメリットがあります。

ポイントを簡単に受け渡すだけなら過去にも同じようなアプリがあったかもしれませんが、Kyashの強みは、それがネット上でもリアルでもクレジットカードとして使えるということにあります。

ネットショッピングをよく利用する人のみならず、リアルの店しか利用しない人もポイントを現金と同じように使えるからこそ、幅広い層に浸透することが期待され、Kyashの魅力はますます高まっていくことが期待されます。

投げ銭サービス作りました

(2018/09/20 更新部分)

前節では割り勘を念頭に置いて話しましたが、別に送金相手は現実の知り合いである必要はなく、それどころか、LINEやFacebookの友達である必要すらないのです。

つまり、自分のWebサイトにKyashのIDやQRコードを載せておけば、誰でもあなたに送金することが可能です。その際、ニックネームを設定しておけば、受け取る側も送金する側も本名がバレる心配がありません。

とはいえ、自分のWebサイトを持っていなかったり、持っていたとしてもわざわざ投げ銭を集めるページを作るのが面倒という人もいるかと思います。

そこで、パトロン募集サイトのように自分のプロフィールを書くだけで投げ銭募集ページを作れるサービス「Kyabi.netを作りました。KyashのQRコードを利用しているので、もちろん手数料はかかりません

Kyabi.net -Kyashで簡単に投げ銭しよう-

最後に

こういったアプリはSNSと似ていて、利用者が増えれば増えるほどより便利になっていき、更に利用者が増えるという正のフィードバックに似た性質があります。

登録は非常に簡単なので、この記事を最後まで読んでくださったみなさんも、ぜひ登録してみてください。そして、実際に使ってみて便利だと感じたら周りのご友人にも勧めてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする