Simplicityの子テーマでAnalytics設定がリセットされていた

シェアする

今回は、Simplicityの子テーマを用いるように設定変更をしたら、アクセス数がほぼ0になった話をしたいと思います。(Simplicityは悪くありません、念のため)

スポンサーリンク

Simplicityの子テーマとは

正確にはSimplicity2の子テーマですが、以後、Simplicityの子テーマということにします。どのようなときにこの「子テーマ」を使うか、知らない方もいると思うので説明します。

Simplicityに限らず、多くのWordpressプラグインは自分でカスタマイズすることができます。例えば、フォントであったり、メニュー画面であったり…。これによって、同じテーマを使用していても、異なった雰囲気を出すことが可能になります。

しかし、テーマをアップデートすると、そのような変更の一部は消えてしまうことがあります。とはいえ、テーマをアップデートしないわけにもいきません。セキュリティやSEO上の理由、あるいは魅力的な新機能のためです。

そこで、活躍するのが子テーマです。要は、親テーマを継承しているみたいな感じと思って問題ないと思います。そうすれば、親テーマがアップデートされても、子テーマのカスタマイズは保存されているというわけです。

特に、SimplicityのCSSやPHPのコードを編集・追加するときは、テーマに対して侵襲性の高い変更を加えるわけですから、アップデートの影響を受けやすくなるため、子テーマを利用するのが一般的です。

私は、今回は諸事情あって、Simplicity2のPHPのコードを追記しなければいけなくなったため、子テーマをインストールしました。

アクセス数が0

事件はその直後に起きました。

アクセス数が0になったのです。子テーマを導入したのは金曜日だったのですが、土曜日は休日だしたまたま0になってしまったのだろうと思いました。しかし、日曜日も0です…。何かがおかしいと思ったので、Search Consoleでペナルティがないか確認しましたがありませんでした。

まさかブログが停止しているんじゃ…と思い、外部からアクセスしてみるも通常どおり表示されました(というのは実は嘘で細かいデザインが変わっていたのですが、それに気づきませんでした。)

設定が消えてる…

何かの設定がおかしいのかなと思い、Simplicityの設定の隅々を見て回りました。すると、なんとAnalyticsコードの欄が空欄になっているではありませんか。

先日、プラグインではなくSimplicityのAnalytics設定を使うように設定変更したので、ここが空欄になっていてはアクセス数がカウントされるわけがないのです

https://blog.cosnomi.com/archives/742

とりあえず、Analyticsのコードを再び貼り付けてテストしてみると正常にカウントされています。ひとまず安心です。しかし、その原因は何だったのでしょうか

原因

ここでようやく子テーマと今回の事件が結びつきます。

子テーマは親テーマの多くの要素を継承しています。ですから、

  • サイトアイコン
  • タイトル
  • 記事
  • カテゴリ
  • タグ
  • SEO キーワード
  • Adsense

などはそのまま残るわけです。ですから、子テーマに変更した後、特に設定を変更しなくても違和感を感じることなく、見た目は今までどおりのブログでしたしかし、一部の情報は継承されていなかったようなのです。そして、その中にはAnalyticsの設定も含まれていました。

自分がサッと確認できた範囲では以下のような情報がリセットされていました。

  • AMP設定
  • SNSボタン設定
  • Analytics設定

もしかしたら気づいていないだけで他にもあるかもしれません。

つまり、子テーマにした後わずかにデザインは変わっていたので、そこに気づくことができればもっと早く解決できたかもしれませんね。原因さえ分かってしまえば戻すのは簡単だったのですが、そこまでが大変でした。もう少し問題解決能力というか推理力?を身につけたい…

結論

子テーマに変更したら多くの設定は継承されるので、何も設定変更しなくて良いように見えるけど、Analytics設定などはリセットされるので再設定の必要あり!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする