PythonでGoogle Analytics APIを利用して、アクセス解析情報を取得する (Part 1- サンプルコード編)

シェアする

スポンサーリンク

今回やりたいこと

この記事ではPythonを使用して、Google Analytics API経由でアクセス数などの情報を取得してみます。今回は、データを取得するためのサービスアカウントの作成から認証情報を利用してサンプルコードを実行してみるところまでを解説します。

Google Analytics APIとは

ドキュメントはこちら→https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/v4/?hl=ja

Googleが公式に提供しているGoogle Analyticsのデータを取得するためのAPIです。常識的な範囲なら無料で使えます。いくつかバージョンがあるのですが、Reporting API v4を使用します。

とりあえず始めてみる

具体的にどのように使えるかを知るために、とりあえず使ってみましょう。

サービスアカウントの作成~認証情報の取得

こちらから、まずはプロジェクトを作成します。

プロジェクト名は適当に、場所は「組織なし」です。

次に、サービスアカウントを作成します。サービスアカウント名などは任意ですが、後で見て分かるようにします。役割は「Project > 閲覧者」とします。

次の画面ではキーの作成をします。Google Analytics APIではBASIC認証などではなく、公開鍵認証を行います。ここでは、キーのタイプを「JSON」に設定し、秘密鍵が書かれているJSONファイルをダウンロードします。非常に重要なファイルですので、絶対に外に漏れないようにしてください。

さて、ここまででサービスアカウントとその認証情報を取得することができました。

Google Analyticsへの登録

次に、作成したサービスアカウントをGoogle Analyticsに登録します。

左のメニューからサービスアカウントを選択し、先程登録したサービスアカウントのメールアドレスをコピーしてください。([email protected]<数字>.iam.gserviceaccount.comみたいなやつです)

次に、Google Analyticsの画面に移ります。左のメニューの「管理」をクリックし、

ビュー > ユーザー管理者を選択します。

そして、右上の「+」をクリックして、「新しいユーザーを追加」から先程のメールアドレスをペーストします。

これで、アカウントを使用する準備は整いました。

ライブラリのインストール

他のAPIと同様に、Google Analytics APIをrequestsなどで叩く方法もあるのですが、Googleが専用のPythonのライブラリを提供しているので、そちらを使ったほうが楽です。

でインストールします。

次に、これはドキュメントにあるサンプルコードなのですが、次のコードをコピーして一部を変更します。

変更箇所はKEY_FILE_LOCATIONVIEW_IDです。KEY_FILE_LOCATIONはその名の通り、ダウンロードしたJSONファイルの場所です。例として、/rootにkey.jsonを置いたのなら、

となります。VIEW_IDはAnalyticsの「管理」から次のように確認できます。

これら2箇所を変更したら準備はほぼ終わりです。

しかし、ここで罠があり、先程のサンプルのスクリプトはPython 2で書かれているため、Python 3の環境で実行するとprintに()がないと怒られてしまいます。面倒ですが、’~~~’を(‘~~~’)に変更します。

これでサンプルのコードを実行すると、Analyticsのデータが表示されるはずです。サンプルの実行だけでもかなり長くなってしまいました。今回はここまでにして、次回は実際に欲しいデータを取得してみましょう。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする