実際にKyashが使えるところ/使えないところ(バーチャルカード編)

シェアする

私がKyashを使い始めておよそ2ヶ月が経過しました。簡単に送金できて、クレジットカードとして使えるという流動性の高さが強みのKyashですが、実際にクレジットカードとして使えるのか気になっている方も多いかと思います。

Kyashでは登録時にバーチャルカードというネット上でのみ利用可能なカードが発行されますが、別途申請すれば実際のカード(リアルカード)が発行され、郵便で受け取ることが可能です。かなり人気のようで20日待ちくらいだとか…。

今回は、そんなに待てない、諸事情でリアルカードは発行したくないという方のために、Kyashのバーチャルカードを利用できる場所、できない場所をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

公式の情報

実体験に基づいて色々話す前に、公式サイトの情報を紹介しておきます。

利用できないVisa加盟店がありました – Kyash FAQ

ほとんどの場所で使えるが、月額は一部使えないところも

実際、VISAのプリペイドというだけあって、ほとんどの場所で使えます。Amazonなどのネット通販でも利用可能です。Amazonで使えるってだけで、買えるものが大きく広がりますよね。もちろんAmazonだけではなくて、CONOHAのプリペイド購入や「さくらのメールボックス」の支払い(年額)、AWSにも登録できますし、ムームードメインではドメイン代の支払いもできました。

サーバー代に使えるのはありがたいと思う人も多いのではないでしょうか。例えば、Mastodonのインスタンス管理人1がKyashアカウントを公開し、住人が投げ銭をし、管理人はそれをサーバー代の支払いに当てるということが、手数料なしでできるということです。(クラウドファンディングのサービスは手数料がかかります)

(ちなみに、私はおひとりさまインスタンスなので関係ありません。投げ銭してって当事者は言いづらいでしょうけど、インスタンスを公開するのって本当に大変だと思うので、利用している人はぜひ支援してあげてほしいという思いがあります。)

注意しておかなければならないのは、月額系のサービスの支払いには使えない場合があるということです。これは、プリペイドにありがちな制限ですね。悲しい。

例えば、GooglePlayのアプリの支払いであったり、Todoistの支払いなどには使えませんでした。(7月頃に試しました。これから変わっていくかもしれません。)

使おうとするとGooglePlayのほうは「このクレジットカードは使えません」のようなメッセージが表示されます。Todoistは分かりにくくて、一回引き落とされるのですが、数時間後にキャンセルされて戻ってきます。もちろん、支払いはできていません。

やはり月額系の支払いはプリペイドだと厳しいようです。

とはいえ、1つ抜け道があります。実は、KyashのカードはPayPalに登録可能で、PayPal経由でなら月額の支払いも可能です。例えば、SpotifyはPayPalの支払いが可能ですから、月額払いができます。これは便利ですね。PayPalが使えるところが日本だとまだ少ないのが玉に瑕です。もっと増えてほしい。

色んな場所で使えるけど上限がある

これなんですよね…。Kyashの利用額上限、なかなか厳しいです。24時間に3万円、月12万円までしか利用できません。(クレジットカードのみの制限のようで送金はもっとできるようです)

先程、AWSの支払いに使えると言ったのですが、今月は機械学習のプロジェクトで手こずってしまい、3万円を超えそうです…。こうなるとKyashは使えません。

すべての支払いをKyashで!というわけにはいかず、適切に使い分けをしていく必要がありそうですね。メインカードとしての利用を考えていく上では、ここが一番ネックになると思われます。

余計なつぶやき

月額決済も上限額も、Kyash払いみたいなのができたら解決しそうな問題ですが難しそうですね…。受領通知のAPIやWebhookみたいなのができたら本当にKyashすごいってなると思います。今でもすごいんですけど。

こういうお金が絡んでくるサービスはセキュリティのことを特に注意深く考えないといけないですから大変ですよね。ただ、Twitterで意見を拾っていたり、この間はユーザーにアンケートがあったりと機能追加に前向きな面も見られたりとかなり期待できそうな感じです。頑張って欲しいですね!

まとめ

使える場所の代表例

  • Amazonなどのネット通販
  • CONOHA
  • AWS

ただし上限(3万円/日, 12万円/月)に注意!

使えない場所

  • 月額系のサービス(一部)
  • 実際のクレジットカードが必要なリアルの店舗

最後までお読みいただきありがとうございました。

  1. 別にMastodonに限った話ではないのですが、なんか最近盛り上がってるので…
スポンサーリンク

シェアする

フォローする